「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「俺が守ってやる」

「俺が守ってやる」

 

中学の頃、学校でいじめにあっていた。

 

教室に入れなくて、いつも保険室に通っていた。

 

いじめの事は家族にも言っていない。

 

ただ私のワガママで、保険室に通っているだけと教師、両親は思っていた。

 

いじめは段々とエスカレートし、また陰湿だった…。

 

でも回りに心配かけたく無くて、いつも無理して笑っていた。

 

辛くて孤独でどうしようも無くて、死んでしまおうと決心した日、高校生の兄が修学旅

行から帰って来て私にお土産をくれた。

 

どこかのドライブインに売っているような、キーホルダーのオルゴール。長崎に行って

来たハズなのに…。

 

幼い頃から、兄と常に一緒にいたが、兄にはいつもイジメられた記憶しか無い。

 

だから、長崎のお土産を私にだけはくれなかった。

 

そう思った瞬間、学校でのイジメと重なり、私はそのお土産を『こんなのいらな

い!!』と投げつけてしまった…。

 

すると、その衝撃でオルゴールがなった。題名は知らないけど

 

『涙など見せない強気なアナタをこんなに悲しませてるのは誰なの?』

 

って言う歌詞の曲が…。

 

兄は、何も言わずにそのお土産を拾おうとしゃがんだ。兄は泣いていた。

 

初めて兄が泣いているのを見て、呆然としていると、兄がポソリと言った。

 

『お前をイジメて良いのは、兄貴の俺だけだ。それ以外のヤツがお前をイジメるのは許

せない。俺は知ってるから、お前が家で我慢して笑ってる事。小さい頃からいつも俺の

前で泣いてたんだから、我慢なんかしなくて良いんだぞ。俺は、イジメてばかりの兄貴だ

けど、他人に妹をイジメられて黙っていられる兄貴じゃないからな。』

 

その言葉を聞いて、私は号泣、学校のイジメの事を全て吐き出しました。泣きすぎて喘

息で咳き込みながら、全部…。

 

兄は横に座って聞いてくれていました。

 

全部話し終わると、『よく頑張った』と一言言って頭をポンポンと撫で、『今日は寝

ろ、明日は学校行かなくて良い』と言って部屋から出て行きました。

 

暫く一階で母親と兄が会話している声が聞こえてきました。

 

翌日から暫く学校を休み、再び登校すると、イジメはかなりされなくなっていました。

 

教師に聞くと、兄が中学の教員室に乗り込みぶちギレて行った様でした。

 

高校の生徒会長が乗り込んで来た為、教師も慌ててイジメに関して動き、結果私を含め

多人数がイジメの被害にあっていた事も判明しました。

 

その何年か後、私は旦那と知り合い、結婚式を挙げた時、兄貴は

 

『小さい頃から、俺は妹をイジメて泣かして来た。でも、お前をイジメるヤツは俺は許

さない、どうかこれからは、俺の変わりに守ってやってくれ。』と…。

 

兄ちゃん、今日は兄ちゃんの結婚式だよ。お返しに今日は私が兄ちゃんを泣かすから。

 

街に溢れる「何でやねん」シリーズ

①スペル、アウトー

f:id:Azu-T:20210309210437j:plain

 

また、明日。