「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「新入生の保護者に送る言葉」(講話原稿抜粋)

「新入生の保護者に送る言葉」(講話原稿抜粋)

 

①もう中学生です。手は離しても、目を離していけません。

遅かれ早かれ、お父さん方、お母さん方も通過してきた「反抗期」に突入します。

「お父さん」、「お母さん」、「パパ」、「ママ」と呼んでくれていた、あの可愛いわが子が、気怠そうに「オトン」「オカン」と呼んでくる。

さあ、どうしましょう。(最前列のお母さんに「どうします?」)


②親という字。

「木」と「立」と「見」という字でできています。

これは、小鳥が巣立つ時に親鳥は少し離れた枝から、

「大丈夫、がんばれ」「こっちの枝に飛んでおいで」と、

声をかけて見守る様子が描かれたものなのです。

ここに親のあるべき姿があるのです。

 

「親の思う通りになんか育たない。親がしているように育つ。」


③夫婦ゲンカは犬も食わない。

こんなもん見たくない。

子どもには一切関係ない。

ご夫婦で「いってらっしゃい」「ただいま」を言い合っていますか。

通勤中の交通事故が減るデータもあるぐらい。

わが子にはしっかり元気に伝えてください。「いってらっしゃ〜い」「おかえり〜」


④「人間だもの」。

 子育てに悩んだら、小さな時の写真や作品を見て下さい。

 玄関に飾っておいてください。

産まれてきてくれた日

初めてつかまり立ちができた日

初めて歯が抜けた日

初めて自転車が乗れた日

父の日に作ってくれた「いつもありがとう。パパ大好き。」と書いてある作品


⑤子育ては人生で一度きり。せっかくなら全力で楽しみましょう。ご一緒に。

f:id:Azu-T:20210406220343j:plain

では、また明日。