「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「他人と比較する人」

「他人と比較する人」
 
 
自分のことを「ありふれた人間だ」とか「くだらない人間だ」と思っている人は、「自分に価値がある」ことがわからない。
 
それで、「自分に価値がない」と思ってしまうのは、他人が持っているものを「自分は持ってない」と思うから。
 
 
「あの人は頭がよくて一流の大学を出てるけど、私は頭も成績もよくなかった」
 
「あの人はお金をたくさん持っているけど、私は持ってない」
 
「あの人は背が高くてスタイルもいいけど、私は背が低くて足が短い」
 
「あの人は運動神経がよいけど、私はよくない」
 
 
そうやって他人の持っているものと、自分のものを比べて「自分には価値がない」と思ってしまいますが、自分にないものは“必要ない”。
 
神様はその人に必要なものをくれます。
 
また、「持ってない」というのも神様が与えてくれた才能なんですね。
 
 
多くの成功者は貧しい家庭に育っています。
 
だからお金の価値を知っているし、どうすればお金が得られるかを必死で考える。
 
逆にお金持ちの家に生まれた人の多くは「お金はあって当たり前」と思い、お金を得るための特別な努力をしない。
 
あるのが当たり前だと思っている。
 
 
大切なのは、「価値に気づくこと」です。
 
最近では「がんばらないと価値がない」と思っている人が多いけど、そうじゃない。
 
自分の価値を認めてがんばったとき、はじめてその価値が発揮される。

 

 

街にあふれる「な何でやねん」シリーズ

①リズムネタで使えるぞ。

f:id:Azu-T:20210410075847j:plain

 

②この子に会いたい。

f:id:Azu-T:20210410075941j:plain

③期待さすな

f:id:Azu-T:20210410080342j:plain

また明日。