「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「心に熱いものがある人」

「心に熱いものがある人」

 

どんな人を、僕は信じるのか。

僕が信じるのは、心に熱いものがある人だ。
自分のためだけでなく、他人のためにも何かしようとする人だ。

人はみんな、自分のためなら力を出せる。
だけど、他人のために力を出せる人間は少ない。

引越しを手伝いに行って、一所懸命できるやつと、適当にするやつの差だ。
他人の荷物をどれだけ本気で持てるか、だ。

人はみんな、自分の幸せのために生きている。

しかし、他人のために力をだせる人間は、心に熱いものを持っている。

熱い心があるから、他人のために頑張れる。
その熱い心で、自分のために頑張ってほしいのだ。

『ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する』幻冬舎新書より

 

元芸人、島田紳助が作詞した紳助の会社の社歌があるが、心が熱くなる歌だ。

『我が敵は我にあり』

我が敵は我にあり 
我この道を進む

小さな夢が重なって 
びわかち合う

心の中の魂が 
少しずつ熱くなる

夢を語り 
汗を流す
熱い仲間達

始まったばかりの戦い 
負けるわけにはいかないさ

歯をくいしばり 
あごを引き 
じっと前を見る

 


島田紳助は、漫才師になることを目指していた頃、売れている先輩芸人の漫才すべてをノートに書きとめ、どこでお客が笑うのか、どこでお客は引いてしまうのか、人が笑うパターンを徹底的に分析して、自分の漫才のネタを練り上げていった、という努力の人だ。

紳竜の研究」というDVDがある。
これは、吉本の若手芸人を養成する学校で、芸人を目指す学生たちの前で、彼が講義したものだ。

このDVDは、お笑いの勉強というより、ビジネスマンや経営者必見のノウハウがぎっしり詰まっている。

彼は、何事を始める時でも徹底的なリサーチをする。

そして、その上で、情報を集め、分析し、アイデアをねり上げる。

そして、そのアイデアが、世の中に通用するか、確かめてみたい、と言う。

今まで、ビジネスで失敗したことがないのは、自分がやらずに、自分が信じる人に経営を任せるからだそうだ。

誰を信じるのか、それは…

心に熱いものがあり、自分のためだけでなく、他人のためにも何かしようとする人。

他人の荷物を本気で持てる人は素敵だ。

 

街にあふれる「何でやねん」シリーズ

①おいおい。

f:id:Azu-T:20210412192549j:plain

②どうした❓ブロッコリー!!

f:id:Azu-T:20210412192648j:plain

ではまた明日。