「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「幸せになる為にやめるべき8つのこと」Vol 1

「幸せになる為にやめるべき 8つのこと」Vol 1

 

1.マイナスのオーラを放つ人に気持ちを削がれないようにしよう

人は周りに影響を受けがちです。
そんな中、ネガティブなことばかり言う人と行動するとどうなるでしょう?
あなたに否定的な態度を取っているのかもしれません。
そんなときには逆にポジティブな態度を取るようにしましょう。
あなたが肯定的に振る舞うと、
どんなにネガティブな人でもあなたには明るく接したり、
あなたがそばにいるときだけは良い雰囲気を保ったりするようになるでしょう。

 

2.自分の決断を批判しない

些細なことから重大事項に至るまで、
選択を行う瞬間は自分の内なる声が聞こえてきます。
「この選択は間違っているかも」
こんな悪魔のささやきからどうすれば逃れられるのでしょう?

これが最後の決断かもしれないなどと臆するのではなく、
すべては人生学習であると考えましょう。
うまくいかなかったときは苦しくなるかもしれませんが、自信がつき経験が増えます。
失敗もあるでしょうが、すべての決断を学習の機会とみなすことで、
そこから学びを得て自己成長できるでしょう。

決断した自分を批判することはありません。

 

3.自分には価値がないなどと思わない

いいチャンスが舞い降りてきても、
自分はそれに値しないと思うことがあるでしょう。
ときに自分の人生をとても辛く感じ「なぜ自分だけがこんな目に...」と思うこともあるでしょう。
そんな時は自分のことであっても、そうではないかのように考えましょう。

 

4.起きたことにとらわれない

あまりにも気持ちが滅入って、客観的に物事を考えられる心的状態にないときは、
自分を嫌な気持ちにさせたその人たちを許すことも忘れることもできないでしょう。
それゆえに幸せも感じられないはずです。

すぐにその人たちを許せなくても、忘れられなくても構いません。
前に進むことだけを考えましょう。
いつか許せるときが来るでしょう。

まずは、起きたことにとらわれず今日を良い日にすることだけを考えてください。

 

街にあふれる「何でやねん」シリーズ

①屋号にするこの勇気に乾杯

f:id:Azu-T:20210421185004j:plain

また明日。