「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「大きな真心をいただいた」

「大きな真心をいただいた」

 

新幹線新大阪駅ホームに駆け上がった妻が、突然前のめりに倒れた。

履いていたヒールのかかとが外れてしまったのだ。

発車ベルにせかされて、そのかかとと荷物を手に、列車にやっとの思いで飛び乗った私

たち。

 

さて、この靴をどうしようかと途方に暮れてた。

駅ならともかく、列車には修理屋などない。

 

京都少し過ぎたころである。

斜め前にいた初老のご婦人から、

「これで間に合いませんか?」

と差し出された小さな2本の接着剤。

 

拝む気持ちでいただいた。

東京タワーが車窓から見えて来たとき、靴は完全に直っていた。

 

そのご婦人は福山の方で、東京の息子さんご夫婦と、2人のお孫さんに久しぶりのご面

会だとか。

 

お孫さん2人のためにお土産に買ったプラモデルの接着剤を、

わざわざ箱を開けて取り出してくださったそうだ。

それを知ったのは降車間際ことであった。

 

とてもとても感謝の気持と、申し訳ない気持ちでいっぱいになった。

 

小さな接着剤で大きな真心をいただいた私たちの体験である。

 

 

街にあふれる「何でやねん」シリーズ

①いろいろややこしい

f:id:Azu-T:20210525172047j:plain

 

また、明日。