「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「人生は、有限だから、素晴らしい」

「人生は、有限だから、素晴らしい」

 

不老長寿は、昔からある人類最大の願いの1つ。

 

人生が無限にあるのは、素晴らしいことであるように思える。

 

長く生きることで、よりたくさんの楽しみを味わえるだろう。

 

年を取らず、永遠の命があるのは、素晴らしい未来があるように思える。

 


しかし、もし本当に人生が無限になれば、現実は少し異なるはず。

 


生き方が、だらしなくなるに違いない。

 


時間が無限にあるため、やる気がそがれる。

「無限にある」ということは、

「今しなくてもいい」ということ。

 


「また今度しよう」「いつかやろう」と思い、

すべて後回しになるだろう。

 


だらしない考えは、きっとだらしない人生につながる。

 

たしかに無限に続く人生は素晴らしいが、

だらだらした生き方と表情は、

必ずしも美しいとは言えない。

 


人生は、有限だからいい。

 


人生は、80年と言われる。

制限時間があるから、ほどよいタイムプレッシャーを感じながら、生きていくことができる。

 


今年は、今年だけ。

今日は、今日だけ。

 


常に「今しかない」と思えるのは贅沢だ。

 


買い物でも、期間限定販売のとき「今しかない」

と思いながら買い物をすると、得した気分になれる。

 


人生も「今しかない」と思って行動するから、

得した気分になれる。

 


人生が、有限でよかった。

制限時間があるおかげで、

生き生きした生き方ができるようになる。