「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「本当の謙虚とは」

「本当の謙虚とは」

 

謙虚とは、何だろうか。

 

謙虚とは、自分の能力や地位などにおごることなく、素直な態度で人に接することを言う。

 

人間関係では、謙虚が大切だと言われている。

 

しかし、謙虚について誤解している人が多い。

 

「否定することが謙虚」と思っているなら要注意だ。

 

否定は、謙虚ではない。

 

横柄なのだ。

 

たとえば、あなたが人から褒められたとする。

 

このとき、謙虚のつもりで否定していないか。

 

「大したことありませんよ」

 

「私なんて、単なるばかです」

 

否定することで謙虚を表現しているように思えるが、これは違う。

 

謙虚ではなく、横柄なのだ。

 

 

 

否定するということは、それに関わるすべての存在まで否定することになるからだ。

 

自分だけ否定しているわけではない。

 

自分を否定したと同時に、自分を産み育てた親まで否定していることになる。

 

「親の育て方が悪い」「親は最低だ」「情けない親だ」と言っているようなもの。

 

同時に、親を産み育てた祖父母やご先祖様も否定していることになる。

 

もっと幅を広げれば、地球や宇宙まで否定していることになる。

 

スケールの大きな話になるが、否定すると、それに関わるすべての存在を否定することになる。

 

だから、謙虚のつもりで否定するのは、横柄な言葉なのだ。

 

では、本当の謙虚とは何か。

 

本当の謙虚とは、褒められたとき、素直に感謝することだ。

 

自分を認めるということは、自分を産み育てた親も認めるということだ。

 

同時に、親を産み育てた祖父母や、ご先祖様のすべても認めていることになる。

 

大きなスケールで考えれば、地球や宇宙の素晴らしさまで認めていることになる。

 

本当の謙虚とは、否定ではなく、感謝だ。

 

「素晴らしいですね」と言われたときは、

 

「ありがとうございます」と素直に感謝する。

 

それこそが、本当の謙虚である。

 

街にあふれる「何でやねん」シリーズ

①なぜ、せつこ。

f:id:Azu-T:20210712145444j:plain

また、明日。