「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「同調圧力」

同調圧力

 

 世界中がコロナ禍にある中で、昨年来、流行っているジョークがある。

 

 コロナ禍で、各国の政府が国民にマスクの着用を求めることになった。

 米国政府はこう発表した。「マスクをする人は英雄です」

 ドイツ政府はこう発表した。「マスクをするのはルールです」

 イタリア政府はこう発表した。「マスクをすると異性にモテますよ」

 

 日本政府は発表した。「みんなマスクをしていますよ」

 

 日本がコロナを何とかうまく抑えている要因は、日本人の悲観主義ではないかと思う

が、もう一つの要因は、この日本人の「集団主義」、特にその中の「同調圧力」ではな

いかと思う。

 

同調圧力」とは言うまでもないが、集団において少数意見を持つ者に対して、周囲の

多くの人と同じように考え行動するよう暗黙のうちに強制することである。

 言葉を変換して言えば、「空気を読め」という圧力である。

 

 ほとんど法的強制力のない外出自粛や営業自粛の要請であっても、みんながしっかり

とそれを守るという国民性は見事なものである。

 

 これが日本の教育が作り出してきた「空気」なのだろうか。

 

 

街にあふれる「何でやねん」シリーズ

①あかんに決まっとるやろ。

f:id:Azu-T:20210813065259j:plain

また、明日。

ご先祖さまを大切に。