「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「親世代の成功体験が子どもの才能を阻む」

「親世代の成功体験が子どもの才能を阻む」

 

 「正解がない時代」と言われている。

 今、目の当たりにしている世界的なパンデミックでは、

 「昨日の常識は、今日の非常識」というように、状況が刻一刻と変化している。

 

 このように変化が激しい時代に、親は子どもをどのように育てたらいいのだろうか。

 

 時代は、「正解を出す人」よりも「問題を見つけられる人」が求められている。

 

 こう考えると、欠点や変だと言われてしまう問題を抱えた経験のある人こそ、問題を

見つけやすいぶん、活躍しやすい時代が来ているのではないだろうか。

 

 「いい成績をとって、いい大学へ行き、いい会社へ就職する」といった親世代の成功

ルートの呪縛が強いと、本人がやりたいことに出合うまでに時間がかかり、遠回りになってしまうこともある。

 

 人生に正解がなければ、歩む道に正解もない。

 

 だからこそ、自分らしさ、自分の好きなものが人生の最大の指針になるのではないだ

ろうか。

 

街にあふれる「何でやねん」シリーズ

①悲しいね。先人から学ぶ。

f:id:Azu-T:20210826184344j:plain

また、明日。