「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「完璧を目指す必要はない」   

「完璧を目指す必要はない」

  

 

あるプロ野球解説者が、こんなことを言っていた。

 

「打席に10回立ったら、3回ヒットを打てばいいんです。

 

そうしたら、3割打者になれるし、その状態がキープできるようになれば、

 

アメリカのメジャーリーグに行っても大活躍できるようになります」

 

つまり、なんでも100%完璧にこなす必要はない、ということ。

 

プロだって、「3割できれば上出来!」と思っている。

 

ですから、あなたも、あれもこれもうまくやろうとしないで、時には「ここまでできれば十分」と自分を許すことも必要。

 

ほんの少しの失敗や、ちょっと苦手なことがあると、必要以上にヘコんでしまう人は、相当な完璧主義かも知れない。

 

思い当たるなら、仕事でもプライベートでも、「3割できれば上出来!」と、自分に言い聞かせてみよう。

 

毎日、料理を作っている人は、10日のうち3日だけ、美味しいと満足のいくものが作れたら上出来。

 

10冊の本を読んで、そのうち3冊に深く心に残る内容があったら、10冊を読むために使った時間は、とても有意義だったということ。

 

あなたの作った企画書も、10本のうち3本通れば上出来だと考えて、どんどんトライすればいい。

 

言い換えるなら、何事も「不十分」で当たり前ということ。

 

これは、他人に対しても当てはまる。

 

10回お願いしたうちの、3個でもやってもらえたら上出来。

 

そう思えば、ほかの人に対しても、完璧を求めすぎることがなくなる。

 

人生の3割打者を目指そう。

 

 

街にあふれる「何でやねんシリーズ」

①今から罪を犯そうとしている人が心を落ち着けて読むかな。

f:id:Azu-T:20211107070157j:plain

また、明日。