「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「やり抜くこと」

「やり抜くこと」

 

 

帝国ホテルの料理長を26年間勤め重役になった村上信夫さんという方がいます。

 

厨房から初めて重役になった唯一の人です。

 

十代のときに、帝国ホテルの厨房に入ってからは、

 

3年間、仕事が鍋磨きのみだったそうです。

 

一切、料理に触れることが許されませんでした。

 

何人もの少年が入っても1年以内にほとんどの人が辞めてしまったといいます。

 

その中で村上さんだけは辞めなかった。

 

「日本一の鍋磨きになろう」と決意して、3年間鍋をピカピカに磨くことにしました。

 

自分のところに回ってくる鍋には、料理が残っていても、

 

ソースの味がわからないように洗剤などが入れられた状態で来るのだそうです。

 

それを全部、きれいに磨いた。

 

自分の顔が映るくらいピカピカに磨いたといいます。

 

そうして3、4カ月経ったところで

 

「今日の鍋磨きは誰だ」

 

と先輩が聞くようになったそうです。

 

「今日の鍋磨きはムラ(村上さんの愛称)です」

 

という答えが返ってくると

 

そのときだけは洗剤が入っていない状態で鍋が回ってくるようになった。

 

村上さんはそれを舐めて、隠し味を勉強するようになり

 

周りから認められる立派な料理人になられたそうです。

 

今おかれている状況に文句を言わずに黙々とやっている人に

 

神様は微笑んでくれる。

f:id:Azu-T:20211112202656j:plain

良い週末を。乾杯。