「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「イライラするのは5つの感情が原因」

「イライラするのは5つの感情が原因」

 

今日、私は職場で微量の「怒り」を感じ、痺れが切れたので自身で提案してきた。

 

そして、結果、明日、その提案は採用らしい。

 

「何じゃそら。」

 

 

私がイライラする時は決まっている。

 

「子どものため」ではない議論をダラダラと、リーダーがゴールも示さず、

 

ただただ時間だけが流れていく無駄な会議の時と、

 

あまり戦闘力が高くない相手と話している時。

 

 

長い帰路の途中、「怒り」について少し振り返ってみた。

 

 

人が怒ってしまうのは、

 

本当は「怒り」とは別の感情が働いている。

 

「落胆・心配・悲しみ・寂しさ・傷つき」

 

この5つの感情のうち、どれかが自分の中で満たされなかった時、

 

「怒り」という感情になる。

 

例えば、楽しみにしていたプリンを食べられて

 

「誰やねん。俺のプリン食ったやつ」と怒ってしまうのは、

 

食べたかったのに食べられなかった

 

「落胆」と言う感情から発生している。

 

ということは、「怒り」とは、本来、2番目の感情だということ。

 

その感情を無視し、怒りに我を任せてしまうと、関係も後味も悪くなってしまう。

 

怒りを感じたら、まずは深呼吸。

 

「アンガーマネジメント」といって、6秒待てば人間は怒りが収まるらしい。

 

そして、「落胆・心配・悲しみ・寂しさ・傷つき」

 

どれから発生したのかを考えてみること。

 

そうすれば、自分を客観視することができ、解決策も見出すこともできる。

 

プリンの話で言えば、風呂上がりの楽しみにしていたので、

 

「誰や、食べたん?」と怒りそうになったけど、

 

「プリンを食べられて落ち込んでいるんだ」

 

という一番目の感情を理解し、それを伝えると相手も反省せざるを得なくなる。

 

結果、食べられたプリンよりも、

 

3倍くらい高いデパ地下のプリンを食べることができた。

 

多分、あの時怒っていたら、同じプリンが冷蔵庫に入っていただろう、

 

と思うと実にラッキーである。

 

怒りに身を任せなければ、思わぬ幸運が舞い降りてくることもある。

 

プッチンするのは、自分の怒りではなく、

 

プリンだけにしておこう。

 

f:id:Azu-T:20220202191746j:plain

また明日。