「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「脳がスパークする必読書」

「脳がスパークする必読書」

 

昨日の本のご紹介が、思いの外、皆様からご好評だったので、第2弾。

 

①「虹の岬の喫茶店森沢明夫

過去を懐かしむことによって、自分の生きてきた道のりを

受け入れられている証拠でしょ。

辛かったことも含めて、これまでの人生の積み重ねを

まるごと肯定できているから、あなたたちは「懐かしい」っていう

気持ちで思い出せるのよ。

 

②「One World」喜多川泰

無理をする必要はありませんよ。泣きたいだけ泣きなさい。

でも、忘れないでくださいよ。あなたは「苦悩」のたびに、どんそん幸せに

なれる人へと成長していってるんです。

あなたも、何か悲しいことがあったのでしょう。

今は受け入れがたいことかも知れません。

でも、今日の悲しい出来事があったから、

こんな幸せがあるって日が、将来きっとやってきますよ。

 

③「今ある『悩み』をズバリ解決します!」心屋仁之助

実はあなたの「性格」は、過去にあなたが体験した辛かったこと、

苦しかったこと、イヤだったこと、痛かったこと、

それらをあなたに「もう一度体験させないように」

頑張っているプログラムなんです。

人前で恥ずかしい思いをした。もうあんな思いはしたくない。

だから、「性格」が人前に出るのを嫌いにしてくれた。そんなふうに…。

 

④「マカン・マラン」古内一絵

苦しかったり、辛かったりするのは、あなたがちゃんと自分の心と頭で考えて、

前へ進もうとしている証拠よ。だから、今は何も見えなくても、絶望する必要はない。

悩むことが大切な時期だってあるのよ。

 

⑤「大好きなことをやって生きよう!」本田健

例えば、文章を書いていて、うまくまとまらない時、

激しくあなたは落ち込むでしょう。

しかし、そこにあなたの才能がなければ、そこまで落ち込みません。

ただ、「うまくできないんだなあ」と思うくらいで気になりません。

何かうまくできないことに対してイライラしたり、

落ち込むとしたら、それは、そこに自分の未開発な才能が眠っていると思ってください。

 

⑥「『福』に憑かれた男」喜多川泰

本を読むと自分の中にある何かが変わる。必ず変わるんじゃ。

誰もが今のままの自分で痛いとは思わない。変わりたいと思っている。

だから本屋に来るんだ。いいかね、本は薬以上に病を治してくれる。

本は食べ物以上にその人を作る上で大きな役割を担っている。

そのことを忘れてはいかん。

 

街にあふれる「何でやねん」シリーズ

①勉強になります。

f:id:Azu-T:20220210195552j:plain

また、明日。

良き3連休をお過ごしください。