「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「忘れたくない当たり前の大切さ」

「忘れたくない当たり前の大切さ」

 

世界情勢を伝えるニュースを見るたびに、本当に心が苦しくなる。

 

わが子を抱きしめながら泣いている母親。

 

数十キロも歩いて国境を目指す老人。

 

この時代にまだこんなことがあるのか。

 

某国の暴走を早く止めなくてはいけない。

 

 

 

当たり前の大切さを忘れてはいけない。

 

大切な家族や友達がいること。

 

今日も健康で過ごせていること。

 

毎朝ちゃんと目が覚めること。

 

ごはんを美味しいと感じられること

 

心配してくれる人がいること。

 

何でも話せる人がいること。

 

暖かい布団の中で眠れること。

 

当たり前のように日々を過ごせること。

 

生きる上で大切なことは、

 

持っていないモノに目を向けることよりも、

 

今、持っているモノに目を向けること。

 

持っていないモノに目を向けるというのは、

 

今の自分を不幸だと認めてしまうことになるので、

 

自分の幸せを放棄することにつながる。

 

持っているモノに眼を向けるというのは、

 

今の自分の境遇に感謝できているということなので、

 

穏やかで幸せな人生を過ごしていける。

 

持っていないモノを追い求め続けて

 

自分から不幸になりに行ってはいけない。

 

もし、持っていないモノばかりに

 

目を向けてしまうときは、

 

その足を止めて、少し立ち止まってみよう。

 

ねえ 君のそばにはもう

 

たくさんの愛が溢れてる

 

街にあふれる「何でやねん」シリーズ

①わーい、わーい

f:id:Azu-T:20220303193050j:plain

また明日。