「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「人生というのは見えない砂時計」

「人生というのは見えない砂時計」

 

人生というのは、目には見えない砂時計のようなもので、

 

生まれた瞬間から刻一刻とカウントダウンは始まり、

 

この瞬間も、砂は少しづつ少しづつ下に溜まっていっている。

 

人生には、不平等なことがたくさんあるけど、

 

どんな人間にも絶対に共通していることがある。

 

それは、

 

人は必ず死ぬということ。

 

1日は24時間であるということ。

 

砂時計の砂が落ち切るタイミングは

 

人それぞれで誰にもわからない。

 

でも、この2つだけは変えようのない事実。

 

つまり、命って「時間」のこと。

 

ひっくり返すことのできない砂時計の中で

 

何を大切にして生きるのか。

 

でも、正直、それを明確にするのは難しい。

 

だけど、自分の心に嘘は絶対についてはいけない。

 

もし、迷路を彷徨っている人がいれば、

 

自分の心にこう尋ねてみてほしい。

 

「本当はどうしたいのか」

 

自分の人生なんだから

 

周りの目や環境など考えなくていいし、

 

今までを振り返ってみると何とかなっている。

 

それは、何とかなるように行動したから。

 

それさえできれば、本当に大丈夫。

 

砂時計の砂が落ち切る時、

 

後悔なく人生を終えられるだろうか。

 

そのためにするべき行動は、ただ一つ。

 

「やっちゃえ MINASAN

f:id:Azu-T:20220308192935j:plain

では、また明日。