「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「批判してくる人は嫉妬している」

「批判してくる人は嫉妬している」

 

最近も忙しい。自分で忙しくしている。

 

好きなんだろうね、自分を追い込むこと。

 

 

他人からやらされるのは、単なる「作業」。「仕事」ではない。

 

私は自分で創造し、誰かの幸せのために考えている、これが「仕事」。

 

自分にしかできない、楽しく、充実した時間だ。

 

そんな中、新しい私の提案に難色を示す方々は、いつの時代も大勢いらっしゃる。

 

「そんなん無理でしょう」、「前例がない」、「こういうリスクがある」

 

だから、心の中でこうツッコんでいる。

 

「知ってるっちゅうねん」

 

私が提案した場合、いつもこうなるから、こう思うようにしている批判されるときは、意識されているということ。

 

否定されるときは、自分が行動に移せないことを当てつけにしているということ。

 

悪口を言われるときは、他人を悪く言うことでしか気を引けない、

 

かまってちゃんということ。

 

批判、否定、悪口という、この3つの言葉の裏には、

 

全部、嫉妬の感情が混じっている。人は、他人の成功を見るのが怖い。

 

でも、自分は何かをするわけでもないし、何かできるわけでもない。

 

そのような葛藤の結果、こちらの足を引っ張るために、

 

否定的な言葉や態度で接してくる。

 

だから、批判、否定、悪口というのはすべて無視。

 

どうしても気になるときは、その人は自分に嫉妬してることを思い出す。

 

そして、心の中でこうつぶやくことにしている。

 

「応援、ありがとう!」

f:id:Azu-T:20220325210853j:plain

良い週末を。

明日からちょいと家族旅行に出かけます。

明後日くらいにお会いしましょう。