「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「某有名ホテル社長から学ぶ、絶対不幸にならない人のルール」

「某有名ホテル社長から学ぶ、絶対不幸にならない人のルール」

 

私には、「破れた夢」も「逆境」も全くない。

 

一見すると不幸な出来事が、幸せへと繋がっているということは往々にしてあるもの。

 

ひどい誹謗中傷だって気にしない。

 

だって、私に会えばあなたもきっと私が好きになる。

 

私は透明性の高い経営がしたいと思って、自分が顔を出して広告に出ることを選びました。

 

けれど、自分の容姿に正直自身はない(笑)。

 

だから、知性や品性をプラスしようと思って、

 

今みたいなお帽子をかぶって広告に出ることにしたんです。

 

日経新聞の一面に「私が社長です」ってドーンと出てね。

 

そうしたらもう、誹謗中傷の嵐が始まりました。

 

「公共の福祉に反する!」なんて書かれた手紙ももらいましたよ(笑)

 

私は手元に届いた手紙に全部目を通し、こうお返事をしました。

 

「ご意見ありがとうございます。よろしければ是非私に会いにきてください。

 

そうしたら、きっと好きになっていただけると思います。」って、宿泊券を添えてね。

 

私からすれば、こんなの大チャンスですよ。

 

人によっては、知らない人からあれこれ容姿を叩かれたりしたら、心が折れてしまうかもしれません。

 

でも、私は最初から「素敵な社長さんだ」なんて称賛してもらえるとは思っていなかった。

 

広告塔なんだから、見てもらって話題になったら大成功。

 

クレームだって反響の一つです。

 

むしろ何も言われないのが一番ダメでしょう。

 

そう腹を括っていました。

 

だからね、私、自分が美人じゃなくて良かったって思ってるの。

 

だって、きっと私が美人社長だったら、誰もこんなに覚えてはくれなかったでしょうから(笑)

 

覚えておいてください。

 

ヨットは無風じゃ動かない。

 

逆風でもいいから風が吹けば、ジグザグしながらも前に進める。

 

人生は、アゲインストの風が吹いてもいいの。

 

追い風でも逆風でもいいから、上手く操舵していけばいいんです。

f:id:Azu-T:20220402111551j:plain

4月の風が吹いてる。

さあ新学期の始まり。

生徒指導主事と学年主任を兼務。

やるしかないか。子どもたちのために。