「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「今は亡き、私の祖父の言葉」

「今は亡き、私の祖父の言葉」

 

朝方の夢に祖父が出てきた。

 

もう亡くなってかなりの年月が経過したが、祖父は太陽の高いうちから、

 

お猪口を片手に、酔っ払いながら、幼い私にこんな話をしてきた。

 

 

「何か怖いと感じるものがなければ、

 

人は独りで遠くへ旅に出ることはできない。」

 

 

「若いうちは、仕事の成功をいくら稼いだかで評価される。

 

でも、年をとると違う。

 

どれだけ仕事を愛してきたかで評価される。」

 

 

「男が馬鹿っぽいのは、ただの馬鹿だが、

 

女が馬鹿っぽいのは、ただの馬鹿じゃないから気をつけろ。」

 

 

「親孝行は考えなくていい。祖父母孝行ももちろんだ。

 

親ば選べん、子も選べん。

 

だが、配偶者は自分で決めて選んだ相手だ。

 

だからこそ、一生責任を持たなくてはいけないし、

 

一番孝行しなさい。」

 

 

「死ぬ気で頑張るのはあかんぞ。

 

死んでしまうからな。

 

殺す気でやるのがええ。」

 

「空のバケツほど蹴るとうるさい。

 

=中身が空っぽな人ほど何か刺激すると人への批判・不平不満をいう。

 

だから、水のいっぱい入ったバケツのように、

 

中身が詰まってる、どっしりした構えた人になりなさい。」

 

特別編

「今年の甲子園は、高校生が多い気がするの〜。」

 

f:id:Azu-T:20220410144137j:plain

また明日。