「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「感謝の言霊」

「感謝の言霊」

 

「感謝」の字には、なぜか「謝る」が入っている。

 

「謝」の字は、「言」・「身」・「寸」でできている。

 

「謝」の「言」の字で「言葉にする」

 

「謝」の「身」の字で「行動で示す」

 

「謝」の「寸」の字は、「脈拍を測る」の象形文字であり、

 

そこから転じて「心を込めること」を表す。

 

つまり、「感謝」には「言葉」にして、「行動」で示して、「心を込めて」表現する。

 

この言霊を知り、「ありがたい」と感じた時に、

 

「言葉と行動と心」で感謝を表現できたなら、

 

感謝は循環し、人間関係は豊かになり、人生は幸せになっていく。

 

言葉の意味と価値を知り、「良い言葉」を使うほど

 

いろんなんことが上手くいくんです。

 

 

また、こんな風に言い換えてみると、視野が広がりますよね。

 

・失敗→経験

・わがまま→周りに流されない

・自己満足→オリジナル

・意味不明→斬新

・協調性がない→個性

・捨てる→選ぶ

・ピンチ→チャンス

・間違い→異なる視点

・疲れた→出し切った

・別れた→次のステージ

・平凡→みんなに好かれる

・地味→素材を生かしている

・無鉄砲→挑戦者

・能天気前向き

ゆっくりした休日を大切な人と。