「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「3人のレンガ職人」

「3人のレンガ職人」

 

旅人が歩いていると、男が疲れた顔でレンガを積んでいたので旅人は尋ねた。

 

「何をしているのですか。」

 

「レンガ積みに決まっているだろう。暑い日も寒い日も朝から晩まで一日中レンガ積みさ。

腰は痛いし、何でこんな事ばかりしなきゃいけないのか。ついてないよね。」

 

男の話は続いたが、旅人は男に慰めの言葉を残し歩き続けた。

 

 

 

今度は、必死にレンガを積んでいる男がいた。

旅人は尋ねた。

 

「何をしているのですか。」

 

「大きな壁を作ってるんだ」

 

「それはとても大変ですね」

 

旅人は労いの言葉をかけた。

 

「そんな事ないよ。この仕事のおかげで、ご飯を食べられて家族を養える。

大変なんてバチが当たる」

 

「頑張ってください」と励ましの言葉を残し旅人は歩き続けた。

 

 

今度は、楽しそうにレンガを積む男がいた。

 

旅人は尋ねた。

 

「何をしているのですか。」

 

「歴史に残る、偉大な大聖堂を造ってるんだ。」

 

「大変ですね」

 

旅人は労いの言葉をかけた。

 

「とんでもない。ここでたくさんの人が祝福を受けて、悲しみを癒すんだ。

素晴らしい事だろ?」

 

「本当に素晴らしい。お話をありがとうございました。」

 

旅人は男にお礼の言葉を残して、

また元気いっぱいに旅を続けることができた。

 

10年後、旅人はまた訪れた。

 

1人目の男は、相変わらず文句を言いながら、疲れた顔でレンガを積んでいた。

 

2人目の男は、賃金は高いが、危険も伴う屋根の上で一生懸命、仕事をしていた。

 

3人目の男は、現場監督になり多くの職人を育てていた。

 

完成した大聖堂には3人目の男の名前が付けられていた。

 

 

文法は大事。

明日はラジオ収録。

また明後日。