「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「強がることは自分を苦しめる」

「強がることは自分を苦しめる」

 

人生を自分で困難にしてしまう人。

 

それは、弱音を吐く人ではなく、

 

人に助けを求められず、強がってしまう人。

 

強がりというのは、自分のこだわりや、固定観念

 

完璧主義の精神から生まれてくる。

 

もちろん、それらが全部悪いわけではない。

 

でも、助けを求められずに一人で抱え込んでいるなら、

 

その強がりは手放すべき。

 

強がりをなかなか手放せない時は、

 

「強がりを手放せない自分を手放す」

 

つまり、意味や理屈を考えるのではなく、

 

そのまま一旦、受け入れてみるということ。

 

そして、受け入れるということは、

 

ちゃんと助けを求めるということ。

 

理屈を考える前に、行動に移すこと。

 

頼る時は、ちゃんと頼る。

 

頼られた時は、助けてあげる。

 

このようにみんなで助け合って生きていければ、

 

辛いことは半分になるし、

 

嬉しいことは二倍になる。

 

強がらない人がかっこいいのではなく、

 

自分の弱さや出来ないことを受け入れ、

 

その問題を乗り越えていく人がかっこいい。

 

絶対あかんよ。

連休最終日!エンジョイ!

また明日。