「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「正しい自分の価値」

「正しい自分の価値」

 

死期が近い父親が、息子にこう言いました。

 

「この時計は、200年以上も前のもので、お前のおじいちゃんが私にくれたんだ。

 これをお前にやる前に、通りにあるお店に時計を持って行って、これをいくらで買ってくれるか聞いてきてくれないか」

 

行って戻ってきた彼が父親に、

「時計屋さんは古いからって理由で5ドル(約550円)と言ったよ」

 

そう言うと、父親は

「コーヒーショップに行ってきてくれ」

と言いました。

 

行って戻ってきた彼が、

「父さん、5ドルだったよ」

と言うと、父親は

「美術館に行って時計を見せてきてくれ」

と言いました。

 

行って戻ってきた彼は、

「100万ドル(約1.1億円)を提示してきたよ」

と言いました。

 

すると、父親は息子の顔をじっと見て、静かにこう言いました。

 

「正しい場所に行けば、お前の価値は正しく評価されるということを

 お前に伝えたかったんだよ。だから自分を正しい場所に置きなさい。

そして、そうでない時でも、怒ってはいけないよ。

「どうせ自分なんて」と自分の価値を下げなくていい。

あなたの価値を認めてくれる場所は絶対にあるから」

 

正解にしよかな。

では、また明日。