「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「最近興味が湧いてきた禅のコトバ」

「最近興味が湧いてきた禅のコトバ」

 

①本来無一物(ほんらいむいちもつ)

本来全ては「無」であり、執着すべきものではない

(お金や地位などもただの幻想だと思うと楽かも)

 

②和敬清寂(わけいせいじゃく)

和:お互いに心を開く

敬:お互いに敬い合う

清:心が清らかである

寂:動じない心を持つ

千利休が唱えたお茶の精神)

 

③百花春至為誰開(ひゃっかはるいたってたがためにひらく)

花は誰のためでもなく

ただ命のままに咲く

(花のように何の見返りも求めず自然に生きたい)

 

④壺中日月長(こちゅうにちげつながし)

壺の中のような小さな世界でも、穏やかな日を送ることができる

(どんな環境にいようとも生き方次第と思うと勇気が出る)

 

⑤非思量(ひしりょう)

不安や心配事のような雑念を捨てて、頭を空っぽにする

(考えすぎる時に思い出したいコトバ)

 

⑥行雲流水(こううんりゅうすい)

空に浮かぶ雲や流れる水のようにとらわれず自由に生きる

(こだわりを捨てて流されるのも悪くない)

今週もお疲れ様でした。良い週末を。