「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「無能な人ほど忙しい理由と、舐められる人の理由」

「無能な人ほど忙しい理由と、舐められる人の理由」

 

ちなみに言うと、無能なんで仕事量は少ない。

ご存じ、仕事のできる人には、たくさんの仕事が集まってくる。

 

①計画性がない

 締切まで1ヶ月あっても、前日にやる。夏休みの宿題と同じ(笑)。

 

②勘違いしている

 動き回っている自分をカッコいいと思っているのかも。

 本当は、優秀な人ほど余裕がある。

 

③絡みたがる

 わざわざ自分からトラブルに入っていく。そんなことしてるから忙しい。

 

④バカなのかも知れない

 理解力が低いため、指示を理解するのに時間がかかる。要するに何もしていない。

 

⑤やる気がない

 そもそもが手伝ってもらう前提。

 1人で頑張っている人ほど、助けたくなるんだけどね。

 

 

ついでに。

 

自分の知り合いにも、半年ですでに生徒から舐められている先生(大人)が結構います。

 

「しっかりせーよ。」

 

年齢や経験だけじゃない。

理由はいくつかあるけど、まずこれだと思う。

 

「ぶつかれない」

本気でぶつかるって面倒臭い。

でも、それを避けるから舐められる。

自分から本気でぶつかろうとせず、自分でぶつからずに、できる人に依頼する。

そんなことをしてしまったら、子どもは、もう、その人の言うことは一切聞かないだろう。

お母さん「お父さんに言いつけますからね」

 

次に、「その場しのぎ」

舐められる人は、今しか見ていない。

信頼され、尊敬される人は、長期的に見て、良くなることをする。

 

そして、「意志が弱い」

要は、目的が曖昧。

「何のために?」が、はっきりしないから飲み込まれる。

 

最後に、「気持ちの問題」

結論から言うと、相手のためなのか、自分のためなのか。

自分を守るための優しさは、絶対に舐められる。

では、また明日。