「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「不登校は恥。間違ってる。」

不登校は恥。間違ってる。」

 

全国の小中学校の不登校児童生徒数が発表された。

 

過去最高の24万4940人。前年度からは24%増加。

 

特に小学生の不登校が10年前に比べて3.6倍にまで増え、不登校が若年化している。

 

不登校は恥さらし」

 

こうやって思っている先生や大人は多い。

 

果たして本当に恥なのか。

 

きっと恥だなって思っているのは、先生や大人だけ。

 

「学校に行くのが当たり前」

 

これが先生たちの凝り固まった考え方。

 

もしかしたら、不登校は大人や先生たちが原因なのかも知れない。

 

「私が何とかしなくては」

 

「私が良い道に戻してあげないと」

 

これは、本当に子どもが望んでいることだろうか。

 

子どもの居場所はありますか。

 

子どもは居場所を必死に探しています。

 

子どもがベッドから出てこないのも、ベッドしか居場所がないから。

 

子どもは自分のことを必死に守っている。

 

もしかしたら、子どもは、あなたと関わる時間を求めているのかも知れない。

 

不登校は恥ではなく、子どもたちの心の声。

 

雨の祝日。お家で家族のために美味しいものでも作ってみよう。

では、また明日。