「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「行動力がある人」(課金レベル)

「行動力がある人」(課金レベル)

 

人に会う度に、よく言って下さるワードがある。

 

「先生の行動力って、凄いですね」

 

「私も、先生のようにすぐカタチにして、すぐに動けるようになりたいんですが…」

 

 

何も考えずに、無鉄砲に振る舞っているように映っているかも知れないが、

 

私もしっかり考えてますねん。

 

長い通勤時間、ソロキャンプ中、寝る前、朝のウォーキング中。

 

つまり一人の時。

 

新しいアイデアや事業を閃いた時は、メモして、ちゃんと仮説思考のプロセスを踏んでますよ。

 

①目的(問い)を押さえて

②目的に対する仮説(ストーリー)を立てて

③データを収集して

④分析によって仮説(ストーリー)を確かめる

 

仮説思考を高める方法

①「引き出し」を増やす

 仮説の引き出し=知識(経験+学習)

 

②「問い」を身につける(3Cのフレームワークの理解)

 例)新商品の企画

 Customer(顧客) ターゲットとなる顧客は誰で、なぜ自社の商品を買ってくれるのか。

 Company(自社) 顧客が買ってくれる条件を満たせているだろうか。

 Competitor(競合)他社はどのような戦い方で挑んでくるだろうか。

 

③「使える仮説」を立てる

 最終的に解決策(解決のためのアクション)につながる仮説

 So What?(だから何なの?)と自分の仮説に問いかける

 例)

「営業成績が二極化しているのでは」

 So What?(だから何なの?)

「成績が悪い人は内勤に時間を取られて、顧客訪問ができていないのではないか」

 So What?(だから何なの?)

「無駄な時間を減らして、訪問数を増やせば良いのではないか」

 

 

外部環境の変化が激しく、個々人が主体的に動ける組織の重要度が増している中、

この「行動力」は転職や就職活動の自己PRでも重視されるスキル。

(私が面接官なら、最重要スキルとしてスキルテスト、評価項目に設定するだろう)

 

 

では、そもそも「行動力」って何。

 

私は、自分では意識して動いているつもりはないが、「自分の考えたことを実行に移せる力」だと思う。

何でもかんでも、後先考えずに、とりあえず動けばいいのではなく、きちんとやり遂げて、効率性を意識しながらやることが大切。

 

「行動力がある人の特徴」

 

特徴①責任感がり、貢献意欲が高い(他者やコミュニティに貢献したいという気持ちが強い)

 

特徴②行動力がある人が周りに多い(所属するコミュニティに大きく影響される)

 

特徴③好奇心旺盛で、向上心がある(自分が知らない知識や経験のないことに対して、どんどん興味を持てる)

 

「行動力がない人の特徴」

 

特徴①マイナス思考で消極的(「失敗したらどうしよう」「恥はかきたくない」)

   私の意見「あんたの失敗なんか、あんたしか知らんから」

 

特徴②受け身になっている(会社や上司に言われたことをやっているだけ)

 

次が、結局一番多い。(8割以上の人たちは、これ)

 

特徴③言い訳癖がある

   「こうしたい」「こうした方がいい」と思っていても、「時間がないから」「次年度に」など、

    その場の環境で「最適」で、さらに「周囲からの共感」が得やすく、「それっぽい」言い訳を見つけて、今やらない。

    私の意見は「明日、来週、来月、次年度やれることは、今、ここで、できるやん。」

 

 

行動力をつけたいなら、まずこれ。

 

「うまくいっているモノやヒトを、パクれ」

 

「学(まな)ぶ」より、まず「真似(マネ)ぶ」こと。

 

自分に揺るがない信念があるなら、まずここから。

 

周囲のノイズがうるさかったら、ノイキャン機能がついたイヤフォンで、

 

壮大な映画のエンディング曲を、ずっと流しておけばいい。

 

ノイズが発生するのは、言い訳しかできない優秀ではない人たちが、

 

今、動き出そうとしているあなたが羨ましくて仕方ないから。そうするしかないから。

 

 

リーダーは孤独ですねん。

 

始める時は、一人でええねん。

 

まず、一人でアホな踊りでも踊って、休むことなく一心不乱に踊り続けて、

 

アホなダンスを踊り狂う自分と、一緒に踊ってくれる二人目が必ず現れます。

 

では、また明日。