「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「花火」

「花火」

 

母は、僕を女手一人で育てた。

僕の幼かったころに、亡くなった父は、マンションの10階を母に残した。

そのマンションからは、夏に花火をみることができる。

父と母が過ごした街の花火。

毎年花火の時には、窓際にテーブルを移動して、母と一緒に父を偲んだ。

花火はいつもきれいで、母はうれしそうだった。

父は、母に素敵なものを残したなっと思った。

でも、それは長くは続かなかった。

僕が高校の時に、うちのマンションの前に、もっと高層マンションが建設されたのだ。

僕は、景観が悪くなるなぁって、思ってた。

その年の花火の日、いつものように、テーブルを移動して準備してた。

花火みれるかな?って、心配だった。

花火みれなかった。見事にマンションで見えなくなってる。

音だけの花火。

あんなに悲しそうな母の横顔を見たことがない。

僕は、母を連れて、川辺に歩いていった。

母と見上げた初めての花火。

父さん、心配するな。

これからは僕が母さんを笑顔にする。

 

街にあふれる「何でやねん」シリーズ

①つゆを持ち帰ったら退治されるんか。

f:id:Azu-T:20210324175541j:plain

 

②真剣に考えたんだろうな。この標語。

f:id:Azu-T:20210324175725j:plain


また明日。