「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「最近、感じたこと。」

「最近、感じたこと。」 頭が良くない人ほど、声が大きい 賢い人は、黙って離れる 素晴らしい成果も、批判は必ずある 意見なんて違って当然 好きの反対は、無関心 嫌なものが目に入るのは、暇だから 理想ばかりで、現実を見ていない 自分の意見がなく、権威…

「絶対にケチったらアカン時」

「絶対にケチったらアカン時」 ①人のスキルを買う時 ②新しい人に会う時 ③思い出を作る時 ④体験を買う時 ⑤良い環境を手に入れる時 ⑥新しい知識を取り入れる時 ⑦大切な人との時間を過ごす時 最高のお天気。 大切な人と、ええ音楽聴いて最高の土曜日を。

「早く気づけよ。」

「早く気づけよ。」 気付けなかった弱さを教えてくれるのが「恋」 自分より大切なものを教えてくれるのが「愛」 欲との向き合い方を教えてくれるのが「お金」 生活の乱れを教えてくれるのが「病気」 成長する楽しみを教えてくれるのが「失敗」 生きる楽しみ…

「人が一番嬉しいことは何ですか。」

「人が一番嬉しいことは何ですか。」 「やなせたかし」さんは、戦争を生き抜き、子どもに愛と勇気を与える漫画、 「アンパンマン」を作った。 やなせさんがその人生の中で培われた、素晴らしい言葉たち。 「恥ずかしいからやらない」のではなく、 「恥をかい…

「楽な道と楽しい道」

「楽な道と楽しい道」 「楽な道」を選べば、見える景色はいつも同じ 「楽しい道」を選べば、見える景色はいつも変わる 「他人」に期待すれば、イライラする方へ流され 「自分」に期待すれば、ワクワクする方へ導かれる 「自分はダメ」と考えれば、未来は暗い…

「楽な道と楽しい道」

「楽な道と楽しい道」 「楽な道」を選べば、見える景色はいつも同じ 「楽しい道」を選べば、見える景色はいつも変わる 「他人」に期待すれば、イライラする方へ流され 「自分」に期待すれば、ワクワクする方へ導かれる 「自分はダメ」と考えれば、未来は暗い…

「自覚なくマウントを取るヤツ」「勘違いや思い込みが激しいヤツ」

「自覚なくマウントを取るヤツ」「勘違いや思い込みが激しいヤツ」 皆さんの周りに、こんな人たち、いませんか。 一生懸命に生きる人を笑う 聞いてないのに教えようとする 政治的な主張がやたら多い ここが違うとか求めてない指摘 学校の成績だけは良かった …

「生徒たちの作品を見て&心温まる私の作品エピソード(保存推奨)」

「生徒たちの作品を見て&心温まる私の作品エピソード(保存推奨)」 子どもの作品を見ていると思うことがある。 「みんな同じに見える。」 先生は、クラス全員の生徒に対して、ある程度の技術を身につけさせようとして、 オススメの描き方や技法を教える。…

「子どもは酔っ払い」

「子どもは酔っ払い」 子どもについつい怒ってしまう。 その原因って何かわかりますか? 「子どもに期待しすぎ」なんです。 子どもが自分の期待とウラハラな行動をすると、 「何でそんなことするの」 「何でそんなこともできないの」 って裏切られた気持ちに…

「高倉健の最敬礼」

「高倉健の最敬礼」 今年の春、ある上場企業の経営者と私は近所の喫茶店に入った。 彼は、しゃべり始めた。 「撮影現場にいたんです、僕は」 …大学時代、RKB毎日で木村班というのに入れられて、ADのバイトをやっていたんです。 若い頃、勉強が面白くな…

「平均って必要かい?」

「平均って必要かい?」 期末テストの採点に追われている職員室で聞こえること。 「このクラスのテストの平均点が良かった。」 「全体的に見てクラスが落ち着いているよね。」 平均とか全体とかって本当に必要かい? 学校は、学力の平均点が全国より上回って…

「行動力がある人」(課金レベル)

「行動力がある人」(課金レベル) 人に会う度に、よく言って下さるワードがある。 「先生の行動力って、凄いですね」 「私も、先生のようにすぐカタチにして、すぐに動けるようになりたいんですが…」 何も考えずに、無鉄砲に振る舞っているように映っている…

「不登校は恥。間違ってる。」

「不登校は恥。間違ってる。」 全国の小中学校の不登校児童生徒数が発表された。 過去最高の24万4940人。前年度からは24%増加。 特に小学生の不登校が10年前に比べて3.6倍にまで増え、不登校が若年化している。 「不登校は恥さらし」 こうやって思っている…

「友達を作ろう。これ間違いじゃないか。」

「友達を作ろう。これ間違いじゃないか。」 学校の先生たちは、必ずと言っていいほど、 「最高の友達を作りましょう」 「みんなと仲良くしましょう」 と、少し前まで、私も生徒たちによく言っていた。 間違っていました。 クラスメイトと友達は違う。 たまた…

「子どもが自信をなくす時」

「子どもが自信をなくす時」 「ほら、だから言ったでしょ!」 こんな声かけをしている人は、今すぐやめて頂きたい。 子どもの自信がなくなっていきます。 「だから言ったでしょ。だから言ったのに。」 このような言葉は、子どもの行動と決断を否定することに…

「意外に知らない正式名称」

「意外に知らない正式名称」 ①ゴリラ 「ゴリラ・ゴリラ・ゴリラ」 ②立ちくらみ 「眼前暗黒感」 ③非常口マークの人 「ピクトさん」 ④ウーパールーパー 「メキシコサラマンダー」 ⑤みかんを入れる網 「棒ネット」 ⑥裁判官が叩く木槌 「ガベル」 ⑦視力検査のC …

「マツコに学ぶ働く意味」

「マツコに学ぶ働く意味」 私から言わせると、 仕事以外に生きる価値って何があるのって思っちゃうの。 自分だけ楽しければいい、生きてる価値だったりを見出すのって どれだけ社会に貢献できてるとか、 どれだけ人の役に立ててるとかが大きいと思うのよ。 …

「学校が大好きな同調圧力が大嫌い」

「学校が大好きな同調圧力が大嫌い」 「お母さん!ここは日本ですよ。外国ではありません。」 こんな言葉を職員室で聞いたことがある。 宿題は全員が揃わないとダメ。 列を崩すな。体育座りをしろ。 みんながこう思ってるぞ。 本当にこれは大切なのか。 協調…

「人に迷惑をかけるな!」

「人に迷惑をかけるな!」 「人に迷惑をかけるな!」 学校の先生や大人がよく使う言葉。 でも、海外は違う。 特にインドの教育は、こんなことを教える。 人に迷惑をかけて生きているのだから、 相手のことを許してあげなさい。 このように人間は、人に迷惑を…

「努力の結果はご縁に現れる」

「努力の結果はご縁に現れる」 無知は「傲慢さ」に現れる 感謝は「謙虚」に現れる 余裕は「やさしさ」に現れる 決断は「未来」に現れる 偶然は「必然的」に現れる 気品は「言葉遣い」に現れる 感情は「しぐさ」に現れる 人間性は「弱者への態度」に現れる 本…

「子育ての黄金ルール」

「子育ての黄金ルール」 最近、後輩教師からご相談を受けることが多くなりました。 新学期の4月はみんな頑張るんだけど、徐々に慣れてきたり、戦闘力が低ければ足元見られたり、だいたいこの秋ぐらいから、いよいよその人の本当のスペックが表出してくる。 …

「最高の親孝行は幸せになること」

「最高の親孝行は幸せになること」 最高の親孝行は、自分が幸せになることだし、 お世話になった人への最高の恩返しは、自分が幸せになることだし、 どうしても許せない人たちへの最高の復讐もまた、自分が幸せになることだ。 許せない人たちに仕返しをした…

「通知表ってホンマに必要かね」

「通知表ってホンマに必要かね」 日本の学校は学期の終わりに、成績表や通知表が配られる。 海外には通知表はない。 何年生まで通知表を渡さないかは、国によってもバラバラだが、 日本も通知表はなくしても良いと思う。 なぜ、海外は通知表がないかというと…

「人を幸せにすることに引退はない」

「人を幸せにすることに引退はない」 ある少年は幼い頃に父を亡くし、工場で働く母をサポートするために6歳で料理を始めた。 弟妹と母から料理を絶賛されると、 「美味しいもので人を幸せにしたい」 そう少年は思うようになった。 母子家庭の少年は、家を助…

「人間性は言葉遣いに現れる」

「人間性は言葉遣いに現れる」 何を言うかよりも、何を言わないかが大切で、 何を喋るのかが知性であり、何を喋らないのかが品性。 結局のところ、人間関係を悪化させる原因は、 「余計な一言」が多い。 もちろん、嫌なことを言われっぱなしだと腹が立つ。 …

「この言葉たちが素敵やん。」

「この言葉たちが素敵やん。」 脂肪の重みは、好きなものを好きなだけ、食べさせてくれた人の感謝の重み。 人工の知能というのは、天然のバカさには敵わない。 人生のアカウントは1つしかない。 全ての人に好かれようと思っちゃいないが、全ての人に笑って…

「お母さんの泣きたくなるほど幸せな日々」

「お母さんの泣きたくなるほど幸せな日々」 泣いてないかな。 ちゃんとミルクは飲んだかな。 ご飯食べれただろうか。 先生に抱っこしてもらっているかな。 仕事をしながら、頭の中はキミのことばかりだった。 保育園へ行き始めたキミ。 仕事に復帰した私。 …

「最近読んだ本のご紹介」

「最近読んだ本のご紹介」 ①「癒し屋キリコの約束」森沢 明夫 人間ってさ、真剣に何かに迷っているときは、 他人の言葉に安易に従うよりも、 とことん迷いに迷ってでも、自分で答えを出して、 その答えのとおりに行動した方がいいんだよ。 だって、それが、…

「日本の教育、ホンマに大丈夫?」

「日本の教育、ホンマに大丈夫?」 日本の学校って、みんな同じ時間、」場所で、 同じことをキッチリできることが大事という 「集団主義」をもとに設計されている。 時代は令和。 もう、そういう時代じゃないよな。 クレヨンにいろんな色があって キャンパス…

「直感は正しい」

「直感は正しい」 ファーストチェス理論 チェスで「5秒で考えた手」と「30分かけて考えた手」では、86%が同じ手になる。 だから、何かを決める時は、迷わず5秒以内に決めた方が良い。 根拠はないけど、何かいいなと感じた時、 理由は分からないけど、何だ…