「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「日本で1日で起きていること」

「日本で1日で起きていること」

 

結婚する組数 1日に「1918組」

 

離婚する組数 1日に「689組」

 

育児や家事に費やす時間

 

夫「1時間」(先進国最低水準)

妻「7時間27分」

 

全国のコンビニで廃棄される食品 1日に「約100万食」

 

日本人の1日の平均睡眠時間「7時間39分」(これでも、日本人は世界で最も眠らない国)

 

生まれてくる人の数 1日に「2935人」

 

お亡くなりになる人の数 1日に「3280人)

 

1日に亡くなる人数のうち、

 

がん 「962人」

心疾患「518人」

自殺 「87人」

 

(数字だけ見れば、流行り病を騒ぐより、国はこちらの根本的な解決に力を注ぐべき)

 

『木を見て森を見ず』

 

人はどうしても「目の前のこと」に囚われて、心の視点と見解が狭まってしまう。

 

目の前のイベントから心を開放して、俯瞰的に全体像を見渡すことができるだけで、

新しく自由な発想が湧くかもしれない。

 

その意味で、今回のような数字を見ると、色々なことがよく分かる。

 

豚肉1日7000キロ

 

卵1日5万個

 

鶏肉1日3000キロ

 

餃子1日100万個

 

食は万里を超える!(笑)

 

 

ではまた明日。