「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「パートナーという呼称」

 

「ウチのパートナーが…」

と、いつも誰に対してもどこでも配偶者のことを「パートナー」と呼ぶ知人の20代女性。

気になって、なぜそう呼ぶのか尋ねてみた。

 

「私は日本人によくある”主人”って呼ぶ呼び方が嫌いなんです。なんか変じゃないですか?なんで彼が主人なの?じゃあ私はなに?メイド?主従関係ってことですよね?それって。あり得ないから、そういうのウチは。平等だから。だからパートナーです」

 

言葉で何と呼ぼうが、その夫婦なりの感覚で相手への想いが通じ合っていればいいのでは。むしろ言葉にこだわらないと相手と心が通じない程度の仲なのだろうか。

 

ちなみに「夫」は法律用語みたいで味気ないからヤダ。

「旦那」や「亭主」は中年夫婦みたいじゃないですか?と言われた。

すいませんね。古いオッサンで。

 

でも、私はイヤだな。

パートナーとか薄っぺらい言葉で呼ばれるのも呼ぶのも。

 

街にあふれる「何でやねん」シリーズ

①「マジで」とか使うな。

f:id:Azu-T:20210903195541j:plain

それでは、良い週末を。

また、明日。