「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「正論が人を傷つける」

「正論が人を傷つける」

 

今日も、生徒が相談に来た。

 

周りの大人がしっかり聞いてくれないらしい。非常に残念だ。

 

 

 

誰かが、あなたに本音や弱音を告白している時に、

 

絶対に言ってはいけないことがある。

 

正論だ。

 

 

人が弱音を吐くときに欲しているのは共感。

 

私はあなたの味方ですよ、というメッセージ。

 

正論は、相手の心の体力が付いた後で伝えればいい。

 

そういう人たちは、正論は重々承知した上でなお

 

どうしようもなくて相談しているのだから、

 

その人に寄り添って一緒に考えてあげることこそ必要なのに。

 

 

あなたに弱音を告白するのは、

 

あなたが弱音に付け込む人ではないと信頼寄せている証でもある。

 

そもそも、自分の辛さは、人と比べられるものではない。

 

弱音を吐いた相手に、

 

「お前より辛い人はたくさんいる」と答えられて、

 

その結果自分の辛さを、「ちっぽけな辛さ」として処理される苦しさ。

 

人にとっては甘えに見えても、

 

自分にとってはギリギリだということはよくあること。

 

人は「弱音」を吐いてもいい。

 

むしろ吐くべき。

 

 

しかし、相手を選ばなくてはいけない。

 

同じ闇を見てしまいそうな人や、

 

弱音を吐くなと叱責するような相手を絶対に選んではいけない。

 

自分が辛い時に、より辛くなる相手に弱音を吐かないこと。

 

「弱音は相手を選んで吐け」

 

これはとても大事なこと。

 

結局、いくら他人の力を借りたとしても

 

自分の身を守るのは自分自身しかいない。

 

 

キャンプの朝が好き。

f:id:Azu-T:20211206203016j:plain

また、明日。雨ですよ。