「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「他人というのは自分を移す鏡」

「他人というのは自分を写す鏡」

 

本題とは少し外れるが、今日、授業が成立していない先生にお伝えさせていただいた。

 

「あなたの目の前の子どもたちの態度が、

 

今の君の鏡やし、生徒たちからの正しい評価やで」

 

 

「生徒の態度は、今の自分の鏡」

 

 

 若さ故なのか、尖っているその若い先生にとっては、良い経験と学びと、気付きかなと思う。

 

 しかし、生徒との関係修復にはかなりの時間がかかりそうだ。

 

本題に戻す。

 

 

人間関係というのは、

 

お互いがお互いに対して

 

影響を与えながら成り立っている。

 

悪口や否定的なことばかり言う

 

グループに属してしまえば、

 

自分自身も自然とそういう思考になっていく。

 

逆に、お互いを高めたったり、

 

積極的な言葉を使うグループに属していれば、

 

人としてどんどん成長していける。

 

他人というのは、自分を反映した鏡。

 

もし、自分のことを嫌いになっていたり、

 

否定的な感情ばかり頭に浮かぶ時は、

 

自分の周りにいる人が、

 

そういう人たちだからという可能性は高い。

 

人間というのは、周りの環境や

 

一緒にいる人の影響をもろに受けるので、

 

誰と関わるのかというのは、

 

人生においてかなり大切なこと。

 

他人の目を気にしたり、

 

寂しさを埋めるためだけの

 

人間関係で頑張らなくていい。

 

良い人生には、良い人間関係は必須。

 

大切なのは、自分がどんな人になりたいか。

 

関わる人間が、

 

尊敬できる人たちに変われば、

 

その人たちに影響され、

 

自分もどんどん成長していく。

 

 

必要のない人間関係には、

 

Bye-Bye ありがとう さようなら~

 

f:id:Azu-T:20220127192741j:plain

また、明日。