「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「ご老人に聞いた人生で後悔していること」

「ご老人に聞いた人生で後悔していること」

 

他人がどう思うか気にしなければよかった

 

幸せをもっと噛み締めて生きるべきだった

 

もっと他人のために尽くせばよかった

 

くよくよと悩まなければよかった

 

家族ともっと楽しい時間を過ごせばよかった

 

もっと優しい言葉をかけていればよかった

 

もっと時間を大切にするべきだった

 

思い切って冒険するべきだった

 

あんなに不安を抱えながら生きるべきではなかった

 

自分を大切にするべきだった

 

もっと旅をすればよかった

 

他人よりも自分の直感を信じればよかった

 

もっとたくさん恋愛をすればよかった

 

もっと一瞬一瞬を大切に過ごせばよかった

 

子どもたちに好きなことをさせてあげればよかった

 

もっと自分の本音を言うべきだった

 

言い争いなどしなければよかった

 

もっと自分の情熱に従うべきだった

 

もっと自分のために頑張ればよかった

 

もっと目標を達成すればよかった

 

 

これまでの人生を振り返ってみると、

 

やった後悔よりも「やらなかった後悔」の方が多い。

 

もちろん、一番いいのは、

 

「やらずに後悔しないこと」

 

「やって後悔しないこと」

 

ではあると思う。

 

だけど、やるかやらないかを迷っている時点で、

 

「やらずに後悔しない」という感情にはなれない。

 

でも、後悔というのは全て

 

「○○すればよかった」という感情からきている。

 

その事実に納得できれば、今後の選択は変わるはず。

 

今、この瞬間が一番若い。

 

選択をすることは、時に残酷だけれど、

 

少しでも後悔しない方を選びたい。

 

f:id:Azu-T:20220126193006j:plain

また明日。