「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「私が買うのは、運命を感じたモノだけ。」

「私が買うのは運命を感じたモノだけ。」

 

今週末は、少し「教育」や「子育て」の話題から離れ、「好きなもの」のお話。

 

毎回文末で綴っている「私のお気に入り」についてのお話。

 

 

私は、やっぱり好きなものに囲まれて暮らしたい。

 

気に入れば、同じシャツが2枚。パンツも2本。また、同じモノが使いたい。

 

トレンドでええなと思って買ったのに、一度も着ていない服。

 

急に寒さが深まり、取り敢えずすぐに着るために買ったけれど、色味がいまいち気に入らないトレンチコート。

 

流行や必要性に迫られて買ったものは、使っていくうちに愛着がわくこともありますが、実際はお気に入りとは呼べないこともしばしば。

 

ミニマルな暮らしの魅力の一つ、好きなもの・お気に入りのものに囲まれた暮らしは、普段の買い物でどんなものを選ぶかの基準がポイントになってきます。

 

 

素敵なモノには運命を感じる

 

私の購入の基準は、「運命を感じるかどうか。」

 

大袈裟かも知れませんが、それを使ったとき、身につけたとき、ワクワクするか、ときめきを感じるか。

 

素敵なモノとの出会いは、素敵な人と出会ったときの感覚にも似ています。

 

恋愛においても、可愛い人なら誰でも好きになるわけではないでしょう。

 

むしろ、特別可愛くはないのに非常に惹かれる人がいたりするものです。

 

モノとの出会いも同じで、そう頻繁に運命を感じることはありません。

 

しかし、街を歩いている時なら、出会ったときは一度通り過ぎたウィンドウにまた戻ってきてしまうくらい興味を引かれ、多少値段が高くても購買意欲が勝ります。

 

好きなものだけに囲まれた暮らしに憧れるなら、買い物の際に運命を感じるかどうか感覚を研ぎ澄ませてみましょう。

 

 

小さな違和感に妥協しないことがポイントです。

 

 

形も大きさも素敵だけど、もう少し明るい色だったらいいのに。

 

納得できないポイントがあるなら、もう少し探してみると好みど真ん中のものに出会えたりします。

 

 

モノをアップデートする

 

高校生ぐらいから今もずっと使っている筆箱があるが、現在のデスク周りの雰囲気には100%合わない思い出の一品。

 

こんな風に今の好みじゃないのに使い続けているモノ、皆さんにはありませんか?

 

断捨離によってものを厳選した後、さらに素敵な生活空間を作るためには、必要だから持っているものをお気に入りのものにアップデートしていく必要があります。

 

新しい筆箱にアップデートしようと意識していると、何気ない普段の買い物で良い筆箱との出会いに気づきやすくなります。

 

急ぎでないなら、いいものとの出会いを気楽に待つことがおすすめです。

 

ふとした瞬間に、最高のモノとの出会いが訪れるでしょう。

 

 

モノとの別れと向き合う

 

どんなに気に入っていたものでも、使い続けるうちに壊れたり古く劣化したりします。

 

ボロボロになっていつしか”お気に入り”ではなくなってしまったモノとは、お別れをしましょう。

 

使わなくなったモノをしまい込んで忘れてしまうのは、自分にとってもモノにとっても良くありません。

 

収納スペースを無駄に占領してしまいますし、モノは使われるという本来の役目を果たすことができません。

 

使わなくなったら捨てたり人に譲ったりしてお別れすることが、自分を幸せな気持ちにしてくれたモノに対する最良の向き合い方です。

 

 

まとめ

 

お気に入りのものだけに囲まれて暮らすポイントは3つ。

  • 運命を感じたものだけを買う
  • お気に入りにアップデートする
  • モノとの別れと向き合う

 

モノを買うときも捨てるときも、ときめきを感じるかどうかを意識するのがポイントです。

 

感覚に耳を傾けて、素敵なモノとの生活を送りましょう。

 

そんな私のお気に入りアイテムご紹介

①やっぱり大好きコーン茶。韓国発祥ノンカフェインティー

 チョンジョンウォン 大象 韓美茶 コーン茶

f:id:Azu-T:20210205224723j:plain