「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「自分の心と直感を信じる勇気を持つ」

「自分の心と直感を信じる勇気を持つ」

 

あなたの時間は限られている。

 

 

他人の価値観や常識にとらわれるな!

 

 

あなたの時間は限られている。

 

 

だから他人の人生を生きたりして、無駄に過ごしてはいけない。

 

 

ドグマ(教義、常識、既存の理論)にとらわれるな。

 

 

それは他人の考えた結果で生きていることなのだから。

 

 

他人の意見が雑音のように、

 

 

あなたの内面の声をかき消したりすることのないようにしなさい。

 

 

そして最も重要なのは、自分の心と直感を信じる勇気を持ちなさい。

 

 

それはどういうわけか、あなたが本当になりたいものを、

 

 

すでによく知っているのだから。

 

 

それ以外のことは、全部二の次の意味しかない。

 

 

スティーブ・ジョブズ

 

 

 

 

以前、ある方から質問された。

 

 

「東先生にとって、『プロ』とは何ですか?」

 

 

皆さんなら、どう答えますか?

 

 

私はこう答えた。

 

 

「『プロ』は、お金をもらって仕事をしている人間のことではなく、

 

 

 お金を払ってでも、その仕事をやってもらいたい人間のことやと思います。」

 

 

そういう時代が、もうすぐそこまで来ている。

 

 

ボーっとしているうちに、気付かないうちに、優秀な外国人たちに、

 

 

自分たちのやっていることを奪われてしまうかも知れない。

 

 

今、私が関わらせてもらっている子どもたちには毎日伝えている。

 

 

私はもっともっと勉強して、子どもたちに世界を見せてあげたい。

 

 

誰かが歩んだ整備された道を進んで行っても、そこにもうニーズはないかも知れない。

 

 

じゃあ、自分が自分らしく歩いて行く新しい道を探してみる。

 

 

そこに道がなければ、道を作ればいい。

 

 

そうしたら、誰も見向きもしなかった荒地は、「新しい道」になる。

 

 

誰かが仰っていた。

 

 

「0秒で行動する」と。

 

 

道を作る材料は巷にゴロゴロ落ちている。

 

 

私は、この「教師」という仕事が好きだから続けている。

 

 

 

これも生徒に伝えている。

 

 

「お金は必要だけど、重要じゃない。」

 

 

「あなたの知識や経験や能力を、世界の誰かのためになるようなことを、

 

 

 そして、世界の誰かに『ありがとう』って言ってもらえることをやって欲しい」と。

 

 

また、明日も子どもたちにお話ししよう。

 

 

「世界は広くて、たくさんの人がいて、オモロいことやワクワクすることがたくさん落ちてるよ。」

 

 

でも、最後にこうやって話にオチを付ける。

 

 

私:「日本で一番高い山は何ですか?」

 

 

生徒たち:「富士山」

 

 

私は、すかさず第二問を投げる。

 

 

私:「では、日本で二番目に高い山は何ですか?」

 

 

生徒たち「…」

 

 

私:「そやろ?知らんやろ?正解は、南アルプスの「北岳」という山。

 

   つまり、二番ではダメだ。どの世界でも、心を決めてその道に挑戦するなら、一番を目指して見ないか。」

 

 

 

私のお気に入りアイテムご紹介

①キャンプでも、自宅でも、この鉄板で焼くお肉は鉄板。

ヨコザワテッパン

f:id:Azu-T:20210208193330j:plain



 

 

 

街にあふれる「何でやねん」シリーズ

 

①説明不要。

f:id:Azu-T:20210208193635j:plain