「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

すぐ怒る人は「相手を選んでいる」

すぐ怒る人は「相手を選んでいる」

 

怒る人はミスを材料にして、ただ怒りたいだけ。

 

自分の中に溜まった鬱憤を晴らしたいだけ。

 

そもそもがミスの一件を落着させる気なんかさらさらない。

 

 

だから素直に謝っても、

 

「謝れば済むと思っているのか」と怒鳴るし、

 

ちゃんと状況を説明しても、

 

「言い訳をするな。謝れ。」と怒るし、

 

どんなアクションをしても、後出しジャンケンで怒ってくるので無敵。

 

自分の中の鬱憤を全てプットアウトするまで、

 

感情の蛇口は閉めてくれないだろう。

 

 

怒る人は、怒りやすい相手を選んで怒っている。

 

同じミスをしても、怒られない人は怒られない。

 

怒られやすいタイプの人は、真面目で苦境に我慢してタイプに多い。

 

怒られてもじっと耐えて、

 

「苦労は必ず報われる」と思い込んで頑張ってしまうタイプ。

 

そういう馬鹿正直で真面目なタイプがターゲットにされてしまうことが多い。

 

怒られたから必死で頑張る。

 

頑張ったおかげで能力が上がる。

 

でも、給料や待遇は何も変わらない。

 

相変わらず理不尽に怒られる。

 

それでも、文句を言わずに頑張っているので、

 

面倒な仕事が回ってくる。

 

「きっと努力は報われる」と

 

自分に言い聞かせてそれでも頑張る。

 

気付けば要領がいいというだけの同期が

 

自分よりも優遇されていることに気付く。

 

頑張れば頑張るほど。

 

貧乏くじを引かされている状況に疲れ果てる。

 

そして、心身を病んでしまい退職。

 

怒られやすい人は、そんな末路を辿りやすいから注意が必要。

 

いい子でいると損ばっかり。

 

わがままと言われても自己主張はしておくべき。

 

上を見てみよう。

 

ほら、みんなわがままでしょ。

 

 

外遊びは何でこんなに気持ちが良いんだろう。

良い週末でした。また、明日から頑張ろう。

f:id:Azu-T:20211121153614j:plain