「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「何者かにはなれないけれど」

「何者かにはなれないけれど」

 

何者かにはなれないけれど、

 

笑顔で優しく接することができる。

 

何者かにはなれないけれど、

 

日々を一生懸命生きている。

 

何者かにはなれないけれど、

 

困っている人に手を差し伸べることはできる。

 

何者かにはなれないけれど、

 

誰かを励ますことはできる。

 

人は、何者かになろうとするから、

 

その理想と現実のギャップの差で苦しむ。

 

そして、何者かになろうとしている時点で、

 

「今の自分は何者でもない」

 

ということを認めていることになる。

 

だから、私は言う。

 

自分は自分なんだから、

 

何者かになろうとしなくていい。

 

何者かにはなれないけど、

 

なんだかんだ幸せに生きている。

 

本当は、これで十分なんじゃないかな。

 

たしかに。

曇ってるけど、心は晴れやかに。今日は何に挑戦しよう。

良い日曜日を。また明日。