「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「陰口や悪口は言われた方が勝ち。さあ、かかってきなさい。」

「陰口や悪口は言われた方が勝ち。さあ、かかってきなさい。」

 

陰口や悪口って、言った方が負けで、言われた方が勝ちやと思う。

 

なぜなら、本人がいない場所で、その人の話題になるということは、

 

物語で言えば中心人物だから。

 

誰も無関心な人の話をわざわざしない。

 

その人に興味があるからこそ、話題の中心に持っていきたがる。

 

つまり、嫉妬と憧れは表裏一体だということ。

 

人は自分に足りないものを持っている人に対して、

 

自分が自慢していることを平気でやってのける人に対して、

 

憧れたり、嫉妬したりする。

 

だからこそ、陰口や悪口を気にする必要は本当にないし、

 

他人の評価で自分の行動を制限する必要もない。

 

つまり、自分の悪口や陰口を聞いたときは、憧れられているということなので、

 

その人に対しては、

 

「素直になれないツンデレちゃん」

 

だと思っておくようにしよう。

 

そう考えると可愛くない?

 

 

明日はラジオ収録のため。ブログはお休み。

また水曜日。