「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

『不可能とは』〜特に、若い人たちに告ぐ〜

『不可能とは』
 
 
「不可能」とは、自らの力で世界を切り拓くことを放棄した臆病者の言葉。
 
 
「不可能」とは、現状に甘んじるための言い訳にすぎない。
 
 
「不可能」とは、事実ですらなく、単なる先入観。
 
 
「不可能」とは、誰かに決めつけられることではない。
 
 
「不可能」とは、通過点。
 
 
「不可能」とは、可能性。
 
 
「不可能」なんて、ありえない。

 

 

ついでに、若い人たちに告ぐ。

 

 

長い物には巻かれるな。

 

決して、楽をしようとするな。

 

若い時は、怒られても生意気で、もっと尖ってていい。

 

今だけでもいいから、自分の「実力不足」「経験不足」と、誰にも言えない「不安」を隠すかのように、もっと偉そうでいろ。

 

尖っていたことに気付き、自分の年齢や経験、環境の変化と共に、

いつか謙虚になれる時が来ると思う。

 

守るべき家族ができたり、能力を認められて出世したり。

 

環境の変化に、何か分からんけど、周りの人たちに感謝できるようになった時。

 

小さな出来事に感動し、涙できるようになれた時。

 

「生きている」から、「生かされている」ことに気付くことができた時。

 

その時に初めて、こっそりと言ってあげるよ。

 

「それが、一人前の大人やで。」って。

 

 

街にあふれる「何でやねん」シリーズ

①よくもこんなことができるよねー。

f:id:Azu-T:20210511203826j:plain

また、明日。