「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「目標の再設定」

「目標の再設定」

 

 後輩たちとの会話の中で、いつも聞くことがある。

 「職場の愚痴」だ。

 職場の愚痴と言っても、全てが周囲との不協和音、つまり人間関係だ。

 

 明るく人に話して、また前を向けるのなら問題ないが、厄介なのが理由はわからない

が、自分で全てを抱え込んでしまうタイプだ。最近そういう人が増えたように思う。

 そのくせプライドだけは高い。弱さを見せることが負けだと思っているように感じる。また、若さ故に尖っているものも多い。(自分もそうだったような気がする)

 

 自分が大切な後輩だと思う者限定で、大きなお世話かも知れないが、そこを見抜いて

あげないといけない時もある。こちらも相応のテクニックとパワーも必要になってく

る。

 

 仕事におけるストレスの大半は、その職務、業務内容自体ではなく、

 

 ご存知、この「人間関係」だ。

 

 

人間関係が嫌で、仕事が嫌いになるのではなく、

 

目標がない、目的のない仕事をするから、

 

人間関係の不満に目が行くのではないのか。

 

目標に一生懸命突き進んでいたら、

 

面倒な人間関係など見えなくなるくらい前にすすめるのに。

 

改めて目標を定めてみる。

 

まずここからだ。

 

 

ちなみに、私の目標は決まっている。

 

ブルーオーシャン戦略であるその目標は、実現する時期も、年齢も決めている。

 

達成できたら、また次、次、次。

失敗しても、次、次、次。

だから、ずっと前を向いていられる。

 

理想論だけを語る口だけの人は、山ほどいる。

文句や不平不満ばかりを口にして、やらされているだけの人も山ほどいる。

 

挑戦せずに後悔して時間がなくなっていく。もったいない。

24時間では足りないと感じる時がある。

 

世の中には、楽しいこと、感動すること、いっぱいあるのに。

他人のSNS見て、「おもろそうやな」と思ったら、すぐに自分でやればいい。

 

今度、面白そうやからスカイダイビングやってやろうと思っている。

 

今一度、目標の再設定をオススメする。

 

 

街にあふれる「何でやねん」シリーズ

①私も命ある限り働き続けます。

f:id:Azu-T:20210815074902j:plain

200話まで、あと10話。ちょうど3万アクセスぐらいかな。

また、明日。