「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「引き算の人生は悪くない」

『引き算の人生は悪くない』

 

知人のお話。

 

人生は足し算だと思っていました。

学校へ行って、新しいことを勉強し、できなかったことができるようになる。

友達をつくる。

知識や技術を身につける。

働いてお金をもうける。

服を買う、車を買う、家を建てる。

足りないものは足していく。

知識、学歴、資格、お金、持ち物、人間関係、なんでも多ければ多いほどいいと

思っていました。

 

人生は足し算だと思っていました。

 

人間関係に失敗し、なにもできなくなり、惨めさを知りました。

仕事がこわくなり、起き上がることが苦痛です。

電話に出るのも、人に会うのも苦痛になりました。

今までできたことが、できなくなりました。

やりたくてもできないこと、どんなにしたくても、やってはいけないことも増えました。

 

それから人生は、引き算になりました。

 

たくさんあることの中から、本当ににしなければならないことだけを残す引き算です。

 

大切なことと、どうでもいいこと。

 

どうしても、私がしなければならないことと、他の人に代わってもらってもいいこと。

時間をかけて、したほうがいいことと、手を抜いてもいいこと。

少しずつ、見分ける知恵がついてきました。

私にしかできない、一握りのことを心を込めてする。

 

引き算の人生も、悪くないと思います。

パンクしてしまいそうなら、荷をおろして、身軽になった方がいいのです。

 

知人には、「よし、飲みに行こう」とだけ返信しておきました。

 

街にあふれる「何でやねん」シリーズ

①マジか。

f:id:Azu-T:20210513204749j:plain

また、明日。早く宣言明けて欲しい。