「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「恩義は倍返し」

「恩義は倍返し」

 

 

「ご馳走になりました」

 

先輩が後輩におごるのは当たり前。

 

私も昔先輩方によく飲みに連れて行って頂いて、「いつか先生に恩返しします」と賜ったことがあった。

 

すると先輩はこう窘められた。

 

 

「感謝の気持ちがあるんやったら、それは俺じゃなくて、同じことを後輩にしてやれ。

 

 俺もそうされてきた。先輩と後輩とは恩義を継承することなんやで。」

 

 

だから、私は先輩の恩を今あなた方に返しているだけ。

 

 

ある意味、私はあなたに先行投資をしていると言ってもいいかもしれない。

 

見返りを期待してはいないけど。

 

 

でも、それは単にあなたに対してだけではない。

 

あなたが後輩にもそうしてくれるなら、私は会うこともないあなたの後輩に対してもおごることができる。

 

だから、これはある意味「善意」というか「恩」が倍々に増えていくことになる。

 

 

私の先輩の気持ちが今何百人もの気持ちを動かしていると考えてごらん。

 

とても心が温かく感じないか?

 

 

だから、ある意味、「教育」もおごりかもしれない。

 

 

あなたに指導・教育という無償の奉仕をする。

 

いつか今度はあなたが後輩を教育・指導する。

 

 

それが倍々で伝承され、多くの人に知識や技術を伝えることができるかもしれない。

 

もしかしたら私のこの指導がいつの日か何十人・何百人の心に伝わるかもしれない。

 

 

そう考えると、あなたに対する教育は決して時間の浪費ではない。

 

街にあふれる「何でやねん」シリーズ

①許せないわ。この写真しかなかったんか。記憶に残ってる。

f:id:Azu-T:20210716210425j:plain

また、明日。