「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「プロフェッショナル」

「プロフェッショナル」

 

今日も、元プロサッカー選手に会う予定だ。

 

私は、小さな頃からプロ選手は、遠い遠い憧れの存在だった。

 

やがて、その憧れは自分の目標に変わり、挑戦し始めた。

 

自信はあったが、自分の弱さと甘い考えで早々に挫折。

 

サッカー指導者の道を選択した。

 

指導者になり、元プロサッカー選手と一緒にお仕事をする機会が増え、気付いたことがある。

 

 

本当のプロは、横柄な態度にならない。

 

横柄な態度の人は、たとえプロと名乗っていても、怪しいと考えたほうがいい。

 

横柄な態度になっている時点で「自分は熟練者。すごい人間。偉い人間」と偉そうになっている。

 

人を見下していることもわかる。

 

つまり、向上心が失われている。

 

向上心が失われているのは、すでにプロではない。

 

実力はあるかもしれませんが、目線が下を向いているため、まもなく成長が衰え始める。

 

偉人の伝記を読んで欲しい。

 

偉人は、必ず謙虚だ。

 

横柄な偉人は、1人もいない。

 

横柄な態度は、プロにふさわしい姿ではない。

 

本当のプロは「自分はまだまだ」「少しでも向上したい」と言って、謙虚に振る舞う。

 

どんなに名高い勲章を授与されても、控えめな意見が印象的だ。

 

「私だけでなく、多くの人の協力によって、ここまで来ることができました」

 

「これからが、本当の始まりだと思っています」

 

 

 

「先輩たちの足元にも及びませんが、1つの励みとして、これからも精進していきます」

 

「まだまだ」と謙虚になれるのは、向上心がある証拠だ。

 

どんなにレベルが高くなっても、謙虚な姿勢を忘れないことだ。

 

謙虚な姿勢になると、目線が上を向くため、今後も成長が続くだろう。

 

だから、プロとして、より磨きがかかる。

 

プロと呼ばれても、謙虚な姿勢を見せている人が、本当のプロフェッショナルだ。

 

 

学校現場でも、役職が変わると、急に偉そうな態度で接する教師がいる。

プロフェッショナルではないね。この話はまた追々。

 

 

街にあふれる「何でやねん」シリーズ

①ロス、カス。食べたくない。

f:id:Azu-T:20210802062059j:plain

また、明日。