「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「本当の優しさとは」

「本当の優しさとは」

 

優しさとは、何だろう。

 

優しさといえば、親切で上品に接する様子をイメージするだろう。

 

思いやりや慈しみの心が感じられるときも、優しいと感じる人も多いだろう。

 

たとえば、困っているときに助けられると「優しい人だ」と思うはず。

 

ここが注意。

 

困っている人を助ける様子が、必ずしも優しいとは限らない。

 

相手は、見返りを求めて、親切に接しているのかもしれない。

 

いやらしい考えがあって近づいているのかもしれない。

 

騙そうとして、接しているのかもしれない。

 

裏がある状態で近づくのは、本当に優しいとは言えない。

 

本当の優しさとは何か。

 

本当の優しさとは 損得勘定なく、相手のために接すること。

 

見返りがなくてもいい。

 

お礼を言われなくてもいい。

 

嫌われてもいい。

 

相手の幸せを心から願って接することが、本当の優しさ。

 

時には、厳しく接することもあるだろう。

 

たとえ表面上は厳しく見えても、相手の幸せを願う行為なら、本当の優しさの1つ。

 

親が子供のために厳しく叱るのも、優しさの表現。

 

先生や友人が、厳しく叱るのも、実は優しいといえる。

 

相手の幸せを願って接することが、本当の優しさ。

 

損得勘定なく、誰かのために尽くすことができているだろうか。

 

 

街にあふれる「何でやねん」シリーズ

①やめたらあかん。シークレットシューズ買いに行きます。

f:id:Azu-T:20210729184524j:plain

 

また、明日。