「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「大切な10円玉」

「大切な10円玉」

 

知的障害がある女の子が

両親と暮らしていましたが、お母さんが病気で亡くなってしまいました。

 

本当は親子で一緒に暮らしたかったのですが、

周りの人の勧めもあり女の子は施設にあずけられて、

お父さんと別々に暮らすことになりました。

 

施設では、社会に出ても通用するようにお金の訓練を行います。

 

女の子も一円から五百円までの硬貨を順番に並べて、

お金の価値を勉強していました。

 

試験の時先生が、

「一番大切なお金はどれですか」と女の子に聞くと、

女の子は笑いながら十円をさしました。

 

何回も先生が、

「五百円が一番大事だよ」と教えても、女の子は繰り返し十円をさしました。

 

困り果てた先生は、

「どうして十円が大事なの?」と聞くと、女の子は、

 

「だって、この十円をあの公衆電話に入れたら、

 大好きなお父さんの声を聞けるから……」

 

 

街にあふれる「何でやねん」シリーズ

①金返せ。

f:id:Azu-T:20210808061930j:plain

また、明日。