「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「これから結婚する君へ」

「これから結婚する君へ」

 

 

可愛がっている後輩が結婚するらしい。

 

おめでとう。お祝いの言葉を。

 

 

 

恋愛とは違う毎日に戸惑うこともあれば、

 

価値観が異なり、我慢することもあれば、

 

相手の家族や、親戚とのお付き合いに悩むことがあるかも知れない。

 

 

「好き」だけでは厳しく、感謝の気持ちを忘れないこと。

 

 

察してくれないなら、しっかりと話し合うこと。

 

 

相手に理想を押し付けず、受け入れようとすること。

 

 

許せないことがあっても、聞き流すようにして、

 

怒りたくなったら、一人の時間を持つ。

 

 

結婚はゴールではなく、互いに尊重しないと続かない。

 

 

 

 

 

また、別の時には、後輩女性が、私に聞いてきた。

 

「先生、結婚の決め手って何ですか?」

 

私は、こう答えた。

 

 

結婚の適齢期は自分で決めなさい。

 

理想はほどほどにして、譲れない条件だけ考えなさい。

 

これから生活ができるか、お金の使い方をしっかり見なさい。

 

素の自分でいられて、話しやすいかどうか。

 

相手に合わせすぎて、自分を見失わないように。

 

たとえ聞きにくいことでも、目を見て話し合いなさい。

 

細かい違いにとらわれず、歩み寄ろうとしなさい。

 

悩んでも仕方がないから、最後は直感を信じなさい。

 

 

その人の顔面じゃない。

 

その人の表情なんや。

 

街に溢れてる「何でやねん」シリーズ

①正解です。

f:id:Azu-T:20211209200653j:plain

また、明日。