「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「私たちは奇跡を生きている」

「私たちは奇跡を生きている」

 

 

明日の終業式で生徒にする話。

 

 

あるナースのお話。

 

 

そのお母さんは、出産予定日の前日に胎動がないと来院。

 

すでに赤ちゃんの心臓は止まっていた。

 

 

胎内で亡くなった赤ちゃんは異物に変わる。

 

早く出さないと、母体に異常が起こる。

 

でも、産んでも何の喜びのない赤ちゃんを産むのは、大変なこと。

 

普段なら私たちはずっと腰をさすって

 

「頑張って。元気な赤ちゃんに出会えるから頑張って」と励ますが、

 

死産をするお母さんに掛ける言葉がない。

 

 

赤ちゃんが元気に生まれてきた時の分娩室は賑やかだが、死産の時は本当に静か。

 

シーンとした中に、お母さんの泣く声だけが響く。

 

 

明日お葬式をしないといけない。

 

そのお母さんは、

 

「一晩中抱っこして寝ていいですか」と言った。

 

私たちは、「いいですよ」と言い、

 

赤ちゃんに綺麗な服を着せて、

 

お母さんの部屋に連れていきました。

 

夜、看護師が様子を見に行くと、

 

お母さんは月明かりに照らされベッドの上に座り、

 

「今ね、この子におっぱいをあげていたんですよ」

 

お母さんはじわっと溢れるお乳を指ですくって、

 

赤ちゃんの口元まで運んでいた。

 

死産であってもホルモンの働きでお乳が出始める。

 

お乳が張らないように薬で止めるが、すぐには止まらない。

 

それを飲ませようとしていた。

 

飲ませてあげたかったのだろう。

 

死産の子であっても、

 

お母さんにとって子どもは宝物なんだ。

 

 

生きている子なら、なおさら。

 

一晩中泣き止まなかったりすると、

 

「ああ、うるさいな」と思うかも知れないが、

 

それこそ母にとって

 

最高に幸せなことだ。

 

 

街にあふれる「何でやねん」シリーズ

①ぜひ肝を試してみたい。

f:id:Azu-T:20211223195344j:plain

また、明日。

メリークリスマス。