「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「幸せの本質は日常の中にある」

「幸せの本質は日常の中にある」

 

幸せの本質とは、何だろう。

 

収入が多いこと、安定した職業に就くこと、

 

結婚していること、マイホームを持っていること。

 

もちろん、それらは、

 

自分を幸せにする手段ではある。

 

でも、それは一つの手段であり、

 

幸せの本質と言えるだろうか。

 

学生時代を振り返ってみると、

 

体育祭や修学旅行の行事は、

 

とても思い出に残っていると思う。

 

でも、一番鮮明に浮かぶ景色は、

 

教室で友達とアホな話をしていたり、

 

ふざけ合って笑い合ったり、先生に叱られたり。

 

そういった何気ない日常が、

 

一番の思い出になっているし、

 

そういう日々が幸せだったと感じる。

 

このように人生の思い出を

 

振り返ってみると、幸せの本質というのは、

 

すべて当たり前の日常の中にあることがわかる。

 

自分を幸せにする手段と、幸せの本質を一緒にしてはいけない。

 

自分が手に入れたものは、自分を幸せにする手段に過ぎない。

 

そこから幸せになるためには、何気ない日常が、

 

いかに大切なのかに気づく必要がある。

 

人は大切なものを失って初めて、

 

何でもないようなことが 幸せだっと思う

 

幸せとは、当たり前の大切さに気づくことだ。

また土曜日。