「あずぶろ。」

現役中学校教師の頭の中。時々、私が好きなもの。

「大人になると時間の流れが早くなる理由」

「大人になると時間の流れが早くなる理由」

 

子どもの頃は、毎分毎秒が長くて仕方なかった。

 

夏休みになって冬休みになるまでの期間も長すぎるし、

 

教科書の説明をしているだけの一方的な授業も長く感じた。

 

大人になった今では考えられないけど、

 

10分休みにダッシュして、校庭で大好きなサッカーをして、教室に帰っていた。

 

小雨でも行っていた。

 

子どもの頃の体力と時間は無限だった。

 

大人になった今、

 

職場でちょっとトイレ休憩に行けば、10分なんか本当に一瞬。

 

むしろ、家でボーッと天井を眺めているだけで、

 

30分くらい余裕で過ぎている。

 

あんな小さな体のどこに

 

あの無限の体力が隠されているんだろう。

 

大声で走り回ってもまだまだ元気。

 

たまに狂気を感じることさえある。

 

大人の私が同じことをしたら間違いなく倒れる。

 

今は、年々月日が過ぎ去るのが早いし、

 

体力も日に日に落ちている。

 

お酒にも弱くなった。

 

昨日正月が来た感覚なのに、

 

もう桜が散って夏に向かっているなんて

 

早過ぎてついていけない。

 

こういう感覚のことを、「ジャネーの法則」というらしい。

 

例えば、5歳と50歳で比較してみると、

 

5歳の子どもにとっての1年は、

 

それまでの人生の20%であるのに対し、

 

50歳の大人にとっての1年は、

 

それまでの人生のたった2%。

 

人生における1年の占める割合が

 

減っていくので短く感じる。

 

そう思うと、まだまだ時間があると後回しにしていると、

 

あっという間に年を取り、いつの間にかできなくなる。

 

大事な人との時間も毎年毎年短くなっていって、

 

あっという間に別れの時が来る。

 

今この瞬間を大事にしなければ、と改めて心から思う。

 

私には10分で校庭でサッカーをして、教室に戻ってくる気力はもうない。

 

だけど、今は生活や人間関係、大事にしなければいけないものがたくさん増えた。

 

これからは限られた体力と時間で、

 

大切なものをしっかりと守っていきたいと思う。

今日も絶好調でした。

また明日。